読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログについて

新生活の準備でなかなか更新できませんでしたが、本は読んでるんで来週更新したいと思います。 読書のテーマとしては、「なぜ今孤立主義が流行っているのか?」というところを中心にしてきました。 次の更新で、自分なりの見方を示したいと思います。 …と言…

いんぐりっしゅこみゅにけーしょん

アメリカついでに、日本人がいない環境で英語について思ったこと。 ①スピーキング しゃべるのはやっぱり慣れてないと難しい。リーディング・ライティングに比べて語彙が減る。 とはいっても、元々日本語でそんなしゃべるかっていうと全くそんなことはない、 …

今後に向けて

節目の年でもあるので、 自分メモも兼ねて抱負的なものを表明したいと思います。 今年何をやりたいかというより、今後どうなりたいかという内容です。 後で違うなと思ったら適宜修正するかもです。 1.つまらない大人にならないこと 「普通が一番」「食わな…

いまさら翼といわれても / 米澤 穂信

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああえるたそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお (以下ぼかして書くので完全なネタバレというほどではないですが、読もうと思っ…

A3 / 森達也

オウム真理教の話。 ただし、オウムの異常性を描く、とかではなく、主にはオウム関連裁判の話。 異端審問のような様相を呈した裁判に疑問を投げかけ、背後にある社会病理について論じている。 一方でオウムそのものについては、個々の被告や信者たちは基本的…

近代日本の企業者と経営組織 / 安岡重明

ものごとは多面的なんだなあ。と思いました。 例えば、近江商人。文字通り近江あたりにルーツを持つ商人のことで、商才のある人が多かった。 伊庭貞剛(第二代住友総理事)は、西川吉輔(国学者。平田篤胤没後の門人)の薫陶をうけ、 近江商人は武士の魂(=…

孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智 / ヘンリー・ディヴィッド・ソロー

「孤独は、最も付き合いやすい友達である。それなのに、孤独はたいてい嫌われる。自分の孤独に手を差し伸べよう。」 本書は、150年くらい?前に、森の中でほぼ自給自足・限られた付き合いの中だけで生活してたという著者の言葉をまとめたもの、らしいです。 …