読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済政策で人は死ぬか? / デヴィッド・スタックラー&サンジェイ・バス

なかなかに刺激的なタイトルだが、主張はひとつ。

「データや事実に基づく経済政策が必要である」ということ。

 

不況下の経済刺激政策と緊縮財政政策を対比させ、

経済と公衆衛生、それぞれに与える影響を評価している。

 

具体的には、「自然実験」という形をとっている。

即ち、似たような状況でこれらの政策をとった国を比較し、効果の検証を行っている。

 

例えば、サブプライム問題後に危機的状況に陥り、IMFが支援を申し出た二つの国、

アイスランドギリシャ

財政健全化を旨とする条件のなかには、医療福祉関連予算の大幅な削減も含まれていた。

IMFの提案を拒否したアイスランドと受け入れたギリシャ、それぞれどうなったか?

 

タイトルで想像できると思うが、

アイスランドは(政府債務は増えたが)景気回復に向かい、

ギリシャでは健康・衛生状態が悪化した(なんとマラリアが発生!)。

 

鍵になるのは、「政府支出乗数」と呼ばれる指標。

要するに、「政府の投資がどの程度効果を持つか?」という数字である。

公衆衛生分野は特に政府の役割が大きいため、必要な予算まで削ったことにより悲劇的な結果が生まれた。

 

投資家の救済措置への疑問、アイスランド国民投票の正義など、より広いテーマもあったが、ここでは判断を留保したい。

(個人的には、後者は「大統領が投票を上手く利用した」のではないかと思う。)

具体的な犠牲者の話もあったが、各論と全体を混同する危険を避けるため言及しない。

 

それよりも本書から学ぶべきなのは、

先入観にとらわれず客観的な評価をする努力が必要だということだろう。

 

「不況時に緊縮財政を行い、『必要な犠牲』を受け入れれば長期的には回復が可能」

…一見、正しいように聞こえる。少なくとも、論理的な矛盾はないだろう。

しかし、少なくとも著者はノーを突き付けている。

 

ある世代の非常識が、別の世代の常識になるというのはよくあることだ。

とすれば、今ある常識を疑ってみるのも、良いかもしれない。