まるち☆たすく

「『一応』これからが本番」

→・監督時間、半分w

→・仕事、倍w

 

スケジューリングって大切ですね。キャパオーバー感半端ないっす。

でも、これを乗り切れば業界で生きていける気がする。根拠はないけど。

三か月。

新天地に収まって三か月。

ぼちぼち慣れてきたかな、でもまだ先輩より仕事量は少ないなという感じ。

 

現場で感じてた課題が会話とプログラミングで目に見える形に落とし込まれ、数式をくぐらせることで解決策ができる。

 

一通り体験できたし、ビジネスの世界に来た意味はあった気がします。

もうちょっと数式的に難しいこともしたいけど、それはおいおい。

アカデミア的な方向性も捨てたわけではなし。

安田講堂 1968‐1969 / 島 泰三 を読んで:「イデオロギーと熱気」

久しぶりにログインしようとしたらアカウント名を忘れてさまよう問題。

 

だいぶ前に読んで、記事を書こう!と思って忘れてたやつをパパッと書いちゃいます。

 

筆者は学生運動の(多分)中心的人物の一人。

本書では、当事者の目線からの安田講堂立てこもり(他、当時の学生運動)について、当事者の目線から書いている。

思ったことについて簡単に。

 

 

イデオロギーについて

これはやっぱり多少歪んでいるところはあるのかなと思う。

特に、人物描写にはかなり影響を与えていて、警察はもちろん同じ学生でも立場が違う人間の行動についてはかなり悪く書かれている。

「こっちはちょっとしか抵抗してないのに、向こうはかなりアグレッシブに襲いかかってきたんだ!」みたいなね。

 

ただし、

・当事者目線であること(普通、例えば暴力であればふるった方より振るわれた方がよく覚えているだろう)

・かなり年月が経ってから書かれた本であること(2005年だから、40年近くたっている)

という留保は必要だろう。

 

本の中身だけ見て、「学生運動家ってやっぱりクソだわ」というのはやめたほうがいいと思う。

もちろん、法秩序の観点からけしからんことだというのは別に否定しないけども。

 

 

②熱気について

元々学生運動には興味があった。

別に政治的信条がどうのじゃなくて、

「当時の空気はどれほど熱気に満ちていたのだろう?」「彼らをそこまで駆り立てたものはいったいなんだったのだろう?」といった純粋な興味。

 

後者については限定的な情報しかないから分析は難しいところだが、熱気については十分伝わってきた。

大学指導部への敵愾心、大きなものに抵抗してやろうという気概、暴力と迫りくる崩壊への恐怖…

 

それだけでもこの本を読んだ価値があったと思う。

 

 

ベクトルは違うけれど、無為に日々を過ごすようにはなりたくないと思います。

一人の時間を保つことと、独りでため込むこと。

私は、基本的に一人の時間が好きだ。

人といるとエネルギーを使うし、今のところ誰かと一緒に住みたいとはあまり思っていない。

賢しらに、「でも十年後、二十年後のことを考えて…」って言う人は、

「今」を大事にしていないんじゃないかとも思う。

 

 

でもそれと同時に、独りでため込むのはよくないんだというのもよく分かる。

特に、緩やかなマイナスの状況で、プラスに変わるために行動を起こすきっかけは、

(必ずしも誰かの助言でなくても)外的要因であることは多い。

 

かといって、好むと好まざるとに関わらず、

誰かと一緒に生きることが人間には須らく必要なんだという考え方には同意しかねる。

大体、家族がたくさんいたって、大勢の人間に囲まれていたって、独りでため込む人はため込むだろう。

 

だから、思考をアウトプット「できる」場があるということが大事なんだと思う。

別に、家族みたいな深いつながりじゃなくたっていい。むしろ家族にだけは話せないことだってあるだろう。

たまに会う親友に「打ち明けたいことだけ」打ち明けるのでもいい。

話を聞くプロに「話したい話だけ」引き出してもらうのでもいい。

浅く広くの付き合いの中で、場に少しずつ思考を流し込むのでもいい。

 

大事なのは、「話したい時に、話したいことを、話す気になった分だけ」話すこと。

人間関係も大事かもしれないけど、それで悪化する程度の関係は邪魔なだけ。捨てた方が良い。

 

肝心なところで自分本位であることが大事だと思う、今日この頃。

悲劇に憑りつかれないために。

my life With You... and the rest without you

what he taught us is that life is like a Castle Of Glass, that nothing stays the same.
we should keep listening to the voice From The Inside for what we truly want,

and don't hesitate to ask help for anyone around us -- Don't Stay alone. 
 

 

R.I.P.

孤独と不安のレッスン / 鴻上尚史 …を読んで。「ぼっちとは?」

一度、ネットとかも断って本当の孤独を体感してみよう。それは案外悪いものではないはず。

そして、孤独になるという不安から解放されよう。そのためには、自意識とではなく目の前の他人と向き合おう。

孤独を受け入れつつ、あなたにとって本当に価値のある「他者」、受け入れがたいけど受け入れないといけない、分かりたいけど分からない人と共に生きよう。

 

みたいな話だと思います。

全体としては割とうなずける内容ではあったけど、それはそれとして疑問に思ったことをいくつか。

 

①一人暮らしって寂しいもの?

独りの寂しさを経験してこそ人とのかかわり方を考えるようにもなるものだから、私は若い人に一人暮らしを経験することを勧めている…という一節がありました。

ところで、まだ三か月だから、というのは当然あるだろうけど、私は一人暮らしを寂しいと思ったことは多分一度もありません。

でも、家政婦さんはほしい。特に、出かけてる間にGを駆除してくれる人。

まあネットにアクセスしている状態は真の孤独ではない的なことを仰っているので、

「お前は本当の孤独を知らない…」とか言われたらそうですかとしか言えませんが。

そうは言っても、machine learningにせよprogrammingにせよ、情報を得るにはネットが手っ取り早いんだよなあ…

本当に価値の高い情報は少ないのかもしれないけどね。

 

これに関連して、

②ひまつぶしとかではなく、能動的に情報を得る行為は孤独を紛らわせていることになるのか?

読んで字のごとく。「昼飯食ってる間にスマホいじってるのは真の孤独ではない」は分かります。

これは自分もよくやるから、真に一人で生きていくというのはなかなか現実的ではないんだろう。

でもそれはそれとして、情報、もっと表現を対人関係に寄せるなら意見を得ようとする行為は、孤独を紛らわせることと関係あるのだろうか。

自分は暇つぶしのネットは人じゃなく(普段接しない類の)意見を知るためにやってることが多い…と思っているので、

その辺の違いがやや気になりました。

 

③他人との距離に頓着すべきなのだろうか?

(ネットのような)薄い関係の「他人」ではなく、他人との距離を見極め、自分にとって大切な「他者」を見つけよう。できれば二人。

これは、本書の核になる主張…だと思います。

これ自体は大いに賛同します。心当たりがある。

でもそれって、論理的じゃないかもしれないけど、『縁』で見つかるものかなと思っています。

心理的距離を測ることから見つかるものもあるのかもしれないけど、距離に例えるならば、

普遍的に個人個人に最適な距離というのがあって、それがたまたま一致した相手と「他者」になるのかなと。

特に、「他者候補」を沢山見つけようというのでないのであれば。

 

オチはなし。今日はこの辺で。

 

量子コンピュータが人工知能を加速する / 西森秀稔、大関真之 …に関連した雑感

タイトル通りの本。

 

著者の一人である西森は、

量子アニーリング(D-Waveの量子コンピュータの基本原理)を用いると、

ある種の組み合わせ最適化問題を効率よく解けることを示した。

で、それを「実際に作ってみた」のがD-Waveというわけです。

(参考:

Quantum Computing | D-Wave Systems

 

正直、私が量子論の話をしてもあまり意味がないと思う。分からないし・・・

なので、もうちょっとだけ分かる「組み合わせ最適化って?」というような話をしてみたい。

 

組み合わせ最適化というのは文字通り、「ある問題の解はどんな組み合わせか?」を考える種類の問題。ナップサック問題とか有名ですね。

 

分かりやすい例だと、通信なんかのネットワークや物流かな。

SNSの「コミュニティ」はどう形成されているか?

・荷物を積んだトラックはどの経路を通らせるのが最も効率が良いか?

 

もう少しだけ内容に踏み込むと、例えばコミュニティの例でいえばQ値ってのを最大化したりする。

(参考:

グラフ・ネットワーク分析で遊ぶ(4):コミュニティ検出(クラスタリング) - 六本木で働くデータサイエンティストのブログ

要するに、「外側」と比べて「内側」で結びつきが多くなるような塊に分けていったら、コミュニティが見えるんじゃね?

というような話だと解釈しています。

 

あとIoTに関連して、Mass Customerizationにも効いてくるだろう。

これはざっくり言うと、

生産工場から顧客情報まで一つのシステムでつないで顧客の要望を速やかに生産ラインまで反映させ、

大量生産レベルのスピードでの多品種少量生産を実現しようというアイデア

簡単に言うけど顧客の要望なんて沢山あるわけで、どうすればスピードを最大化できるかってのは非常に難しい問題だと思います。

 

Q.何の役に立つの?

A.宣伝はするけど、言うほど役に立ちません。

という話は(特に自然科学関連では)多いと思うし、自分はそれが悪いことだとは全く思いませんが、

量子コンピュータはそれなりに近い将来役に立つ…かもしれない。

あるいは、実は既に役に立ち始めているのかもしれない。

watchしてないから分からないけど。

 

組み合わせ最適化が総じて同じ方法で解けるかっていうとよく分からないでしょうけどね。